車高額買取りを実現するためには、中古車買取査定の知識と高く売るコツが重要です。大切な愛車だからこそ、1円でも高く査定してもらいましょう。

モデルチェンジの前後は要注意

  • HOME »
  • モデルチェンジの前後は要注意

モデルチェンジ後は急に査定が下がる

車にも流行り廃りというものがあり、メーカーでは定期的にモデルチェンジを行っています。外観のボディデザインから、法律によって義務づけられた水準を満たす部品との交換まで、実に色々な変更が行われているのです。

ボディ形状からガラリと変える場合はフルモデルチェンジとも呼ばれており、ゴールデンタイムのテレビCMなどで一気に認知度を向上させているのがいつもの光景。

逆に、あまり目立たない部分だけ変えるマイナーチェンジでは、車の整備を担当するディーラーぐらいにしか連絡しないケースもあります。なぜモデルチェンジ後に車買取をしてもらうと不利になるのか?と言うと、それには2つの理由があります。

1つ目は、新しいモデルが登場したことで古い車というイメージになってしまい、わざわざ高い値段で購入したがるユーザーが減少するから。新車販売をしているディーラーでは、より切実であり、モデルチェンジ直前には大きな値下げをしてでも在庫をなくそうとします。

その結果、2つ目の理由である、旧モデルが短期間に中古車市場に出てくることにつながるのです。

競合車種の動向にも要注意

車の基本設計は、すでに長年の研究開発でほぼ完成されています。そのため、各メーカーは、それぞれのカテゴリでしのぎを削っている状態でして、競合車種の動向にも注意しなければいけません。

愛車の市場価値にだけ注目していたら、競合車種のモデルチェンジに引き摺られて買取価格が下がってしまう恐れがあります。自分が乗っている愛車を欲しがるユーザーであれば、同じカテゴリの競合車種と比較してくることを忘れずに。

ほぼ同じサイズ、性能、デザインであれば、やっぱりお得な方を選択するでしょう。愛車と同じモデルが中古車市場にあふれることで、車買取における査定も値崩れするのです。

たまに、この年式の旧モデルが欲しいというニーズもありますが、そうなるかどうかは結果論でしかありません。モデルチェンジ後に車買取をしてもらうのはリスクが高いので、可能な限り愛車のモデルチェンジ前に照準を合わせておきましょう。

常に情報収集を怠らず、いち早く行動を開始することで、それだけ車買取の査定が良くなります。

PAGETOP
Copyright © 車高額買取り.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.